夏は涼しく冬は暖かい快適な注文住宅を兵庫でお探しならぜひお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

パッシブデザイン

パッシブデザインの注文住宅を兵庫で手がけています

パッシブデザイン

自然のエネルギーを最大限に活用して一年中快適な住まいへ

パッシブデザインとは、太陽光の熱や風などの自然エネルギーを活用し、なるべくエアコンに頼ることなく一年中快適な住まいを実現するための設計思想、設計手法であり、環境先進国ドイツで発展してきました。
それを日本に特有の気候風土に合わせて柔軟に変化させた注文住宅を兵庫エリアでご提供いたします。
断熱性を高めるのはもちろんのこと、室温や明るさ、風が通り抜けることなど、人が「快適」と感じる全ての要素を考慮に入れた、先進的なデザインをご提案しております。


パッシブデザインハウスのメリット

① エアコンを最小限の使用で、快適な室温に
冬の朝は薄手のカーディガンを羽織る程度で十分な暖かさ、晴れた日の昼間は暖房いらずの快適さを実現。
夏は外気温の下がる夜なら窓を開けるだけで快適な室温に。
エアコンなしでぐっすり眠る ことも可能になります。

②温度差のない健康的な室内環境
温度差があるとヒートショックが起こります。
ヒートショックとは急激な温度変化が体に及ぼす影響のことで室温の変化によって血圧が急激に変化し、脈拍が早くなったりすることです。
暖房をした部屋とトイレなど、寒い冬場に多く発生します。
快適な室内環境で健康的に過ごせます。

③光熱費の削減
パッシブデザインハウスは一般的な省エネ基準の家と比較して、およそ30%光熱費が削減できるという検証結果があります。
家計にも嬉しい効果が期待できます。

Passive Design Come Homeのこだわり

①冬と夏で明確な室温を目標とします

断熱材の仕様を決めるのではなく、冬は朝6時で17℃以上、夏は最高で35℃以下という明確な室温を目標に据え、パッシブデザインハウスを設計します。(エアコンなしの場合)

②コンクリートなどの蓄熱利用

熱を蓄積できるというコンクリートの特色を活かし、木造住宅の一部にコンクリートを採用することによって、夏でも冬でも室温をできるだけ一定に保てるような取り組みを行っております。
「木造住宅なのにどうやってコンクリートを採用するのだろうか」「デザインをはじめほかの部分に弊害はないだろうか」と心配されるかもしれませんが、この面で豊富な経験と実績、高い技術力を有しておりますのでご安心ください。
一例として、キッチンの腰壁やTVボードなどの箇所をコンクリートにすることにより、一層おしゃれな雰囲気を醸し出しながら蓄熱利用ができます。
コンクリートの量は多すぎても少なすぎてもいけないため、家の大きさや全体的な断熱性能を考慮して量やデザインを決め、最も効果が期待できるプランをご提案いたします。

③全棟年間暖冷房負荷計算を実施

パッシブデザインの理想形は、快適な室温と省エネルギーのバランスがしっかり取れていることです。
その理想を形にするため、頭の中だけの理論や漠然としたイメージではなく、基準となる数値でしっかりと評価し、科学的な裏付けを得ることを目指してまいりました。
快適な室温と省エネルギーのバランスを「年間暖冷房負荷」として表し、全棟において計算を実施しております。
具体的には、壁や基礎、屋根とサッシの断熱性能、面積を検討しながら、「外皮平均熱貫通率」「冷房期の平均日射熱取得率」「暖房期の平均日射熱取得率」などを計算し、「熱損失係数」を導き出します。
係数1.9を最低基準として設定しますが、目標である1.6に近付けるように設計していくため、数値でも体で感じる感覚でも心地よさをご納得いただけます。

冬と夏のためのパッシブデザイン

四季がある日本は、夏と冬の気温差が大きいことで知られています。
季節が巡ってもいつも快適で心地よい空間を維持するためには、夏と冬に特有の気候を考慮に入れたデザインが重要です。
冬のためのパッシブデザインでは、暖かさを決めるベースとして窓と断熱材をしっかり選定し、南の窓を大きくして太陽の熱が室内へ入るようにします。
一方、夏のためには、南の窓から差し込む太陽光が室内に入るのを防ぐために庇やルーバーなどを設け、日差しをコントロールできるよう日射遮蔽をデザインします。
快適性や機能性を犠牲にすることなくデザイン性を究極に高めていくことをコンセプトにし、日本の気候風土を徹底的に研究してきた成果として、夏でも冬でもストレスなく過ごせるような理想のマイホームを実現できるようになりました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。